FC2ブログ

ガラスウロコ

ガラスにウロコ状になってしまうと見栄えが悪いですよね。特にプライバシーガラスで黒くなってると特に目立ちますが、ある程度は除去できます
この作業はコーティングとは別料金となります

DSC_0944ga.jpg
原因は水道水の拭き残しですが、強力ガラス撥水をすればまず付きません
ガラス撥水が嫌いな方は洗車後に乾く前に水分を拭き取れば大丈夫です

水道水の成分が地域によって違いますが、井戸水とかだと凄い付着します
ミネラル、カルキなどの成分です

DSC_0954ga.jpg
除去後は強力撥水を施工します。セット価格となってます
全面で1万5千円~2万円ほどです。

ただ10年~ほど経ってる場合は除去できません

DSC_0946ga.jpg
当店は基本的に液剤のカルキ除去剤で取るのではなく、磨いて除去します。液剤をフロントガラスや横の上下するガラスに使ってしまうと、傷が出てきてしまうので使えないんです

バフだと、バイザーの下や角、三角窓など小さい面積の場所が磨けませんので、全て手作業です
もちろんガラスを下げてバフを回せば、室内に飛んでしまいますので、ガラスを下げて上面も手作業です

これが結構大変なんです。トータルで4時間ほど掛かるので、これも赤字作業です 笑)
しかし、この作業もコーティングとセットでしていただけると全体的な仕上がり感が違います
スポンサーサイト

エシュロン クラリード

ECHELON Clareed が入庫しました
DSC_0285.jpg
なんか、高級感がありますが、正直そんなものはいらないのですよね。

お客様に見せる訳ではないので、性能が良ければ、パッケージなんて安っぽくてもいいですけど…。

これで輸入車も長期間、超撥水になってくれれば、ありがたいです

エシュロンクラリード

ほんとかな~?液剤売る時の宣伝は、信用できないです。コーティング剤でかなり懲りてますから....

撥水の強さを表す目安で角度があります。100°~150°ですが、一般的には110°はかなり撥水性能が凄い事になります。現実、130°~150°は現実的に難しくすぐに落ちてしまいますので、コーティングではありえません。
DSC_0317.jpg
こんな意味合いです(^。^)画像をマツダから拝借しました

当店で使ってる撥水コーティングは塗装面のキングベール、ガラス面のデュポンハイパーコートクリスタルや撥水革命・美滑水など、110°の撥水性能と謳ってます。現実的にはガラスや塗装の被膜の堅さで性能が100%発揮できるか疑問ではあります。110°の撥水性能は一般的に数カ月しかもちません。特に塗装で数年持つと謳ってるお店はその後の経年変化を実験していないと思います。ディーラでも6ヶ月としか謳ってません

当然メンテナンス剤を塗ったり、屋根がありあまり乗られないとなると5年~以上持ってるお客様もおります

面にもよると思います、例えば車が丸っこいと撥水が強力に見えますが、平らな面は弱く見えると思います。
ガラスの撥水も110°あれば時速40kmで動き始めますが、ガラスが寝てるか垂直か、でも変わると思います。

効果に期待します。

ボディのコーティング剤も新しくタイプFなるものを実験します
フッ素配合で特許を会得した液剤なので期待してます

ガラスの撥水

前から当店は色々なガラスの撥水剤を実験しています

しかし、正直ホントに良いものは?という感じになってます

撥水加工はお客様の乗る頻度や洗車のする頻度によってかなり変わるので、違いがわからないです
安い物でも高い物でも、落ちる人は落ちてしまうんです。

デュポン製、美滑水、Aquapel、撥水革命、クリーンXG2、セーフビューコートなど

以前から疑問な事がありまして、いくら完璧な下地処理をしても撥水剤のノリ?が悪い時があるんです
水を掛けても、なんか弱い‥そんな時は何回も塗ったりしてます
でも弱いです・・・。

撥水剤自体に問題があるのでは?と思い、色々販売会社に質問しています。

答えは‥、水分が残ってると駄目、湿気が多い日は駄目、室温が低すぎる時も駄目などなどの答えが返ってくるのですが、私的にはどうしても納得できない事なんです。当然気を付けてる事だからです

そして、キングベールを製造してる技術者に聞いたところ納得の答えが得られました。
「販売してるメーカーでは知らないん事なんですが、ガラス自体がメーカーで製造工程が違うので、撥水自体にさがでてしまうです」ようするに、メーカーによってガラスの質が違うので差が出るとの事なんです

日本車のガラスは堅く撥水しやすく、アメ車も撥水しやすいそうです
しかし、輸入車全般はガラスが柔らかいので、強力な撥水がしにくいとの事です

そこで、コートが厚めの撥水剤をすれば解決する事もあるのですが、問題が二つあります
やはり撥水剤が速めに落ちてしまう。最初は強力なんですが、3ヶ月で落ちてしまう場合もあります
ワイパーがビビってしまう→撥水ワイパーに変えれば解決します
しかし、もうひとつの問題がワイパーで削れてくると、視界が非常に悪くなるとの事です。
ベンツなどでフロンドガラスにワイパーが動いた後がくっきりわかる車がありますが、そんな感じになってしまうとの事です

そこで、新しくでたエシュロンクラリードをフロントガラスに使ってみようと思います
ガラスに吸着させる技術を変えたとの事ですので、試してみようと思います

撥水剤の施行証明書は辞めようと思ってます。ガラスを交換した時の為にありますが、その時は私のほうで証明しますのでご安心ください

一応補足ですが、日本車の場合撥水ガラスなるものがあります。グレードでも車種でも違いますが、トヨタですと運転席・助手席ガラス、マツダですとフロントガラス、日産だと全面になってる車種もあります。シールが貼ってあったりしますが、裏面(室内)も撥水するのが特徴です。

これはガラスの製造工程で撥水する物質をガラスに付着させてるので、非常に強力です。横でしたら5年~以上、前面ガラスなら1年前後です(フロントはワイパーで削れてしまいますので毎日乗られた場合)

さすがにこのような撥水レベルは塗るだけの撥水剤では不可能との事です。デュポンが言ってるぐらいなのでそうなんだと思います。

当店の場合は新しいものを使うのですが、新しいものがいいとは限らない事もわかってますので、実験あるのみです。お客様適には、「なんだ新しいのでやってほしかった」、と言われる事もあるのですが、いいとは限りません 笑)

ガラスの撥水加工の料金が変わりました

今まで新車時に+5千円で全面施行しておりましたが、より強力な「撥水革命」というものに変更致しましたので、金額を1万円に変更させて頂きます

今回からは施行証明書を発行させて頂きますので、ガラス交換時など保険での再施行が可能となります

液剤の値段も倍以上で、前処理剤も値段が上がりますし、施行証明書なども別途と、なりますのでどうしても金額をあげざるを得なくなりました。

正直申し上げますと、今まで使っていた液剤がガラスによって撥水力、持続性に違いがでる事が確認されましたので変更とさせていただきます


新車時で、全部の面で一万円となります

新車時で、フロント前面1枚ですと五千円となります

1年~の場合は鱗の除去や前処理がかなり必要となりますので、1,5万円~2万円となります


定価では新車時で前3面施行で一万七千円ほどの液剤レベルになります

フロントガラスに関しましては外車などビビる事が予想されますので、ワイパーブレードを撥水タイプの物に交換する事で持続しますので、交換をお勧めいたします

当店は常にハッキリと物事を書いてますし、検証もしておりますが、物が良くなると値段も上がるので、値段とのバランスが難しいですね。2倍長持ちで金額も2倍ならわかりますが…金額が4倍で3倍長持ちでは、お客様の理解を得れないですよね…

仮にもっと高い液剤もあるのですが、フロントガラスはワイパーで削れてしまいますので、これ以上高額な撥水剤を使っても1年ほどしか持ちませんので、これ以上の値上は考えておりません
プロフィール

マジックの代表 小早川 です        mg-1.jp

Author:マジックの代表 小早川 です mg-1.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR