fc2ブログ

コロナショック

コロナウィルスの事でTVを観てると、マイナス思考の報道、経済活動の停止で暗くなるような話題ばかりで余計に滅入ってしまいすね。ちょっとプラス思考の私的な感じを書きたいと思います。

毎年、インフルエンザや風邪からの肺炎で300~2千人という人が亡くなっています。アメリカでは何万人と亡くなってます。
でも今年はコロナのせいで皆さんが徹底されて健康管理してるので、インフルエンザになる方が激減してるんです。
となると…結果として季節性の病気で亡くなる方はトータル激減してる事になります。本来はインフルエンザになってしまう方が気を付けてたので助かったとうい事もあるはずなんです。

結果としてコロナウィルスは無くならずに、季節性のウィルスの数が増えた事になるので、やっかいな事にはなります。
その時には治療薬が完成してると思いますが…

経済面ですが、一番ダメージが大きいのは観光業だと思いますが、飲食関係全般、部品がないので運送業、便器などの欠品で建築関係、新車販売も10%以上の減ということで、ほぼ救いようがない状態です。

そして株価暴落となります。しかし、今回はいつもと違うのが為替はあまり円高にならずに結構落ち着いてる動きです。株価だけがアメリカに引っ張られて暴落してる感じです。

リーマンショック時は経済活動は停滞していなかったので比べられないかもしれないですが、911米同時テロやオイルショック、湾岸戦争、サーズなどで株価が暴落してるその後…、は、あまり報道されてません

ダウチャート推移↓
img_sec03_02_l.jpg

見ていただけるとわかる通り、株価は上昇トレンドなので、これだけ暴落してもわずかな暴落というのがわかります。
何度と暴落してますが、数年後に高値を超えて上がってます
アメリカは人口が増える限り経済は成長を続けるというのが、株価上昇の要因です。
コロナで数十人が亡くなった?よりもインフルエンザで毎年2~5万人の方が亡くなってほうが問題だと思うのですが…

ダメージの大きい観光業で職を失うバス運転手さんや飲食関係の方もいるかもしれませんが、過去にサーズ、スペイン風邪などの後もV字回復してるのが観光業なんです。京都なども、ガラガラですが1年もすれば去年以上の賑わいを取り戻してると思ってます。
旅行というのはそこに行けば感じること見ること、人々の好奇心は誰も奪うことができない、結果一番強い業種と近年言われてるんです。

私が思うに好調に業績が上がってるにも関わらず、先行き不透明と理由で給料を上げずに、コロナショックで首にするような会社など、自分で辞めたほうがいいとも思います。私が言いたいのは、今まで誇りをもってやっていた仕事は必ず需要が復活しますので、踏ん張って生きてほしいと思います。

私の周りだけ見るとそれほど影響を受けてる方がいない感じを受けますが、先行きは不安ですね。
マスコミとか不況に左右されない仕事は羨ましいと思いましたが、今更職を変えるわけにもいかず頑張るしかないのなら、前向きに考えようと思ってます

スポンサーサイト



プロフィール

マジックの代表 小早川 です        mg-1.jp

Author:マジックの代表 小早川 です mg-1.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR