fc2ブログ

鈴木貫太郎

1945年アメリカのルーズベルト大統領が急死しました。その時は戦時中なので、ドイツでは万歳三唱でした。
しかし、当時敵国であるアメリカに日本からは死を悼む弔電を送りました。

「 今日、アメリカがわが国に対し優勢な戦いを展開しているのは亡き大統領の優れた指導があったからです。
私は深い哀悼の意をアメリカ国民の悲しみに送るものであります。
しかし、ルーズベルト氏の死によって、アメリカの日本に対する戦争継続の努力が変わるとは考えておりません。
我々もまたあなた方アメリカ国民の覇権主義に対し今まで以上に強く戦います。
— 内閣総理大臣 鈴木貫太郎 」

トーマス・マンは「やはりサムライの国だ日本は・・」といいました。

その時に弔意表明を送ったのが鈴木貫太郎総理です。

鈴木貫太郎は江戸時代に生まれ武士道を知る人物です。その人生は、幼少期には川にながされ海軍時代に海に投げ出され、
226事件では頭に銃弾をうけました。

日ロ戦争では中佐でバルチック艦隊を3隻撃沈して、鬼貫太郎といわれた猛将で、太平洋戦争、ポツダム宣言を受諾したのは鈴木首相です

戦争を賛美するつもりはありませんが、その時代は植民地になるか戦争するかと言われれば戦争を選ぶ時代だったと思います

常に日本の為に尽力して戦争を終わらせる為に、歴史に生かされたような人生です。

それまでの足跡、終戦に至るまでの経緯を知ると、この人がいたから今の日本があるのではないかというほどの偉大な先人の一人だと思います。

私がいいたことは、礼節の国、[日本]、嫌いであっても去る相手に対してお疲れさまでしたといえるのが日本人だと思います

安倍総理が病気で退任されましたが、レベルの低い質問、同じ質問、せめて「お疲れさまでした」何故言えないのか?
安倍さんの対応は悪ところも沢山ありました、しかし、政治には相対する物が必ずあります。

経済を止めるか、回すか。増税するか社会保障を辞めるか。他国を優先するか自国を犠牲にするか?
政治には正解はないのですが、安倍総理は外交では日本の存在を知らしめたのが一番の功績だと思います。
ユーチューブに沢山でてますが、インドでの演説、G7などの存在感、トランプ大統領との関係、中韓、ロシアの対応や経済の回し方は、今までの総理の中では良かったといえるのではないでしょうか?

拉致被害者さんが安倍総理は途中で投げ出すのか!という報道がほとんどです。
しかし、報道されませんんが事実はこのような側面もあるのです
拉致被害者と安倍晋三
この記事を読むだけでも、マスコミの伝え方の現状がわかります。

橋下さんやピコ太郎さんも言ってましたが、相手に対して批判ばかりすのが俺カッコいいみたいな風潮はマスコミが作ってしまってると思います。

次の総理が誰になるのかわかりませんが、一番危惧してるのは報道機関、マスコミの偏向報道です。

お店のブログに政治的な事を書くのはマイナスしかないのですが、ネットが発達してTVでの誘導が難しくなり報道されない真実を沢山知るようになったのは幸せなのか?考えさせられます。

同時に真実を見抜くレベルも試されてと思い日々仕事と同じで学ぶしかないと感じてます。

スポンサーサイト



殺人的な暑さですね

いや~暑いですね。コロナよりも熱中症で死んでしまいます。

現在の予約状況ですが、フィルムで3週間ほどで、経年車のコーティングとなりますと、50日ほど先になってしまいます。
頑張ってこなしてるのですが、今のクオリティを維持しますと限界です。

よく新古車とありますが、いろんなパターンがあります。例えば登録だけした場合で納車が数か月先とか、試乗車や展示車など…

ただコーティングとなりますと、新古車=中古の値段扱いとなります。
綺麗な場合もありますので、現車を作業しての判断となります。

新古車の場合でも凄いことになってる場合もあります。image2_20200820170332ec5.jpeg
横面は綺麗だったのですが、上面が染みだらけなんです

image1_2020082017033094d.jpeg
雨染みよりウォータースポットになってしまってます。


image5_20200820170336872.jpeg
3mmぐらいのスポットができてしまってます。これはクリアーが溶けてしまってるので、磨きでは手遅れです。

image4_202008201703352a8.jpeg
ほとんどの雨染みはとれました。しかし、3mmぐらいのスポットはそのままです。屋根には30ヶ所ぐらいあります。


image3_20200820170333329.jpeg
ボンネットなどは数か所で横面はないので、これは太陽の光でみると綺麗な車に見えますね。
私も入庫されたときにはわかりませんでした。

これはどのような扱いになるのかわかりませんが、新車ならば間違いなく塗りなおしのクレームです。
ただ新古車の場合は現車を納車するので、クレームにはならないのだと思います。
なので、新古車を新車だと思って買うのはリスクがあります。
以前にも傷だらけだった車もあります。
もちろん安く買える、納車が早いなどのメリットもありますから、よく実車を見て買うことが大切だと思います
プロフィール

マジックの代表 小早川 です        mg-1.jp

Author:マジックの代表 小早川 です mg-1.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR